04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< サブカルチャーの行方 | top | 2015年 GW車中泊の旅 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
人の生きる意味と宇宙
いずれ終わることを知りながら人は生き続ける

子孫を残そうとするのは
終わることを知っているから?

自分の分身を残す
その果てには何があるのだろう

人間はどこへ向かっているのだろう

よく生きることに意味なんてない
死んだら終わりと言う人がいる

果たしてそうだろうか

宇宙にも寿命があるという
宇宙の寿命が尽きた時、人の歴史も終わる

宇宙は知っているのだろうか
終わりが来ることを

大いなる宇宙のプログラム
繁殖を繰り返し、子孫を残す意味

人が繁殖をし、子孫を残し
未来へと向かっていく本当の意味とはなんなのか?

発見、発明、文明の進歩
天才の誕生、あらゆる学問 知識、未知の技術

それらが全て、
宇宙の終わりを救うためのものなのだとしたら?
それこそが人が存在する意味、人に課された使命なのだとしたら?

そしてそれは人のみではなく
全宇宙に存在する、人に似た生命体
あるいは、人以上に高度な進化を果たした生命体、
すべてに課された使命なのだとしたら?

宇宙とは何か
宇宙と対立する存在もあるのだろうか・・・

プログラムとウイルス

善と悪
どちらが人の本性なのか
宇宙がどちらの側なのか

繁殖を繰り返し、人はただ未来へと向かっていく
結果的に宇宙を救うことになったとき
人がそれに気づくだろうか

知らず、知ろうともせず
ただ生きる
繁殖を繰り返し
人は未来へと向かっていく



 
オーフヌーン | 日記 | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 12:28 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL: