03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< セッション | top | スーパーマーズと体調 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
2016 GW 車中泊の旅の記録
●4月30日
10時頃に米沢のパフェの店へ向けて出発。
途中羽後町に立ち寄って、弥助そばで昼食。
ぼうまんはにしん蕎麦、オレは天ぷら蕎麦。
つゆがうまい。
その後米沢の店に、4時頃に到着。空いていた。
ぼうまんはマンゴーパフェ、オレはブルーベリーパフェを食べる。

その後、宇都宮へ向けて出発することにする。
福島に入って温泉を探す。
熱塩温泉、山形屋に立ち寄るが宿泊客がいっぱいで
立ち寄り湯はできないと断られる。
道にネコがいた。

仕方なく旅を続ける。
7時ころに喜多方ラーメンの店に立ち寄る。
あまり感動はなかった。
もう喜多方ラーメンはいいなと話しながら出発。

喜多方の道の駅に着くが、温泉が混んでいたのでさらに進む。
ふれあいランド高郷というところで温泉に入る。
9時に温泉を出て、さらに先へ。

道の駅 西会津に到着。
赤べこの像が立っていた。
車中泊をする。
さわやかトイレなどがあった。

●5月1日
朝6時30分頃出発。

柳津町を通る。
かなり田舎で、山から霧のようなけむりのようなものが立ち上っている。
日本昔話みたいな田んぼと山の中を走る。
国道?400号
隠れ里のような町を通り抜ける。
赤い立派な橋がある。
朝早すぎて道の駅はやっていなかった。
近くの温泉宿にいつか来たいと思った。

そこから福島、昭和村を通って宇都宮に向かおうとしたが
天気も悪く、さらにガソリンスタンドが二軒も休業で焦る。
仕方なく、南会津側に戻る。
近くのガソリンスタンドまで持つかどうかという状態になるが
奇跡的にエネオスを発見して満タンにし、再び昭和村を通っていく。

途中、道の駅、昭和村、からしむ織の里へ立ち寄る。

それから宇都宮へ。1時頃到着。
まずパルコの7階にあるスイーツバイキングの店を視察。
その後、有名な餃子の店はすごい並んでいて諦める。
仕方なく、駅近くの店に入るが、ハッキリいってガッカリする。
焼き餃子、豚骨水餃子、チャーシュー丼、ライスを頼む。

その後、宇都宮駅へ行き、おみやげを買う。
大麦ダグワーズのいちご味、イチゴサンド、イチゴ大福などを買って去る。
宇都宮の神社で参拝をして、宇都宮を発つ。

そこから壬生、佐野市、足利市を通過して群馬に入る。
群馬の前橋で有名な弁当の店 八重垣に7時頃立ち寄る。
やまさでトイレを借りて、お茶と変わったパスタを購入したあと
駐車場で弁当を食べる。
豚肉の弁当がおいしかった。また来たいと思う。
「元祖和豚もちぶた弁当」

そしてさらに伊香保を目指して進む。
夜の8時頃、伊香保に到着。
走行中、肩を誰かに叩かれた気がした。
不思議な気持ちになる。

そして伊香保温泉に到着。
8時15分頃、立ち寄り湯に入る。
狭かったが入れてよかった。

そしてそのまま駐車場で車中泊をしようかと思ったが、おもいきって草津まで行こうと決める。
が、途中の、道の駅あがつま峡で車中泊をする。

5月2日
道の駅には温泉などもあったが入らないで
朝6時ころ出発。
そのまま6時30分頃、草津温泉に到着

まずは駐車場をさがして、ぼうまんのみつけた大滝の湯へ行く。
そこに車を止め、西の河原温泉へ歩いていく。
ここは露天風呂で、すばらしかった。とても広くてきれい。天気も良くて最高。
温泉3か所を巡るパスポート1600円を購入。
さらに広場へ行き、見物。
揚げ饅頭を食べる。150円のを三個食べる。

そして、御座之湯へ。
ここは内風呂で、二つの源泉が出ていた。
ここも清潔感があって、すばらしい。
草津温泉はクオリティが高い。さすがである。

さらに大滝の湯へ。
ここも内風呂と露天があって、よかった。
このころになるとだんだん人も増えて着ていた。
そして大滝の湯をあがり、昼食に和食たむらへ行く。
ここでは、うな重の上3600円を食べる。
浜名湖産のうなぎで非常においしかった。

そして草津温泉を後にする。
ここから白根山のロープウェーを見ながら
志賀高原を通る。
国道最高到達点のロッジに立ち寄り、お土産などを買う。

白根山、志賀高原は本当にすごいところだった。
景色が地獄のようだ。

そこから高原を下り、去年見た長野の高原の景色を横目に
野沢温泉へ向かう。

前回は夜に訪れた野沢温泉へ、2時頃到着。
夜ほど人はいなかったが、いいところだった。
大湯、十王堂の湯など、3か所に入る。
ぼうまんは疲れていて2か所だけ。

そして野沢温泉を後にし、新潟をめざす。
途中、信州そばを食べたくなるがなかなかみつからない。

新潟に入ってからすぐの道の駅でおやきを買う。熱い。
そして途中でそばの店を発見していく。
そば処岳藪

ここは深山そばというのが有名らしい。
山菜もつけてくれてこれもおいしかった。
客は俺たちだけで空いていてよかった。
また立ち寄りたい。

そして店を出て、お焼きを食べながら新潟を目指す。

夜の9時頃、道の駅、新潟ふるさと村に到着。
新潟の道路は立派だがまっすぐすぎて景色も単調で眠くなる。
みんなスピードを出すし怖い。

新潟ふるさと村で車中泊。

5月3日
朝7時ころ出発。
瀬波温泉へ向かう。
前回行った、竜泉を目指す。

村上市に入り、紫雲寺記念公園に立ち寄り、トイレに行く。
ここはとてもすばらしい公園で、温泉施設まであった。
そこから日本海側を通り瀬波温泉に行こうとするが、前のトラックが遅いので一本道を内側に入る。
海沿いでは干物祭りがやっていた。来年来れたら来たい。

朝9時30分頃、瀬波温泉に到着。
ここで露天風呂に入る。700円×2
あいかわらず露天風呂が素晴らしい。

そして少し漫画を読んだりして休んだ後、秋田へ向かって帰る。
日本海側をひた走り、途中山形の魚祭りなどを見学。
演歌歌手の女性がうまかった。
しかし何も食べるものがなかった・・・1時の昼時なのに。
無料の味噌汁は食べたが。

そしてそこから山形の朝日屋という寿司屋へ。
ここはとても混んでいて、50分待ちだった。
しかし中はとてもよかった。
卵焼き、すじこ巻、弁天ちらし、刺身盛り合わせを頼む。
全部で4400円くらい。

そこから秋田の大曲へ向かって出発。
途中、道の駅 庄内みかわ いろり火の里へ立ち寄り30分ほど寝る

そして道の駅、東由利へ。

ここまで結構遠く感じた。
金浦から本荘まで、日本海自動車道を走る。
この道路も怖い。

そしてあやぼうのおじいさんの家へ行こうか悩むが
結局ここで車中泊をする。

レストランで豚しょうが焼き定食を食べる。
ぼうまんはミニカレー丼。
ぼうまんは水をたくさん飲む。
喉が痛そう。

そして寝る。
三度トイレに起きる。
天気も悪かった。

5月4日
ここから増田まんが美術館へ行くことを決める。
朝7時ころ出発。

途中、横手で有名なパンの店による。
朝8時開店で人がすでに並んでいた。
フレンドール

ここはメロンパンが有名らしい。
たしかにクリームが入っていてうまかった。

もぐもぐ食べながら美術館へ。
ここで江口寿史展を見る。
500円。

似顔絵の権利は外れた。
なかなかよかった。ひばりクンは可愛いと思った。

そして美術館をあとにする。
おじいさんの家には結局たちよらなかった。
ぼうまんが後日、一人で横手美術館に来た時によることになった。
ごめんなさい。オレはわがままだなぁ・・・

そして大曲で有名なラーメンの店、
十郎べいでラーメンを食べる。
和風だしでなかなかうまかった。

そして秋田市に無事に到着。午後2時ころ。

今回は前回にもまして、温泉に入ったり、いろいろと冒険した旅だった。
あやぼうはちょっと疲れてしまっていた・・・もうしわけない。
でも楽しい旅ができて本当によかった。
ありがとう、あやぼうちゃん。
また来年もどっかに行けたらいいなー。

秋田→米沢→西会津→宇都宮→伊香保→草津→野沢→新潟→瀬波→東由利→横手→大曲→秋田




 
オーフヌーン | | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 14:45 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL: